Re:LIFEな日々 チョコミント味

いろんな人が気になったことをつづっていきます。

ベッキー復帰会見、意味深な藍色スカートで視聴者の反応は!?ゲス川谷とは続いてるの!?

time 2016/07/15

ベッキー復帰会見、意味深な藍色スカートで視聴者の反応は!?ゲス川谷とは続いてるの!?

皆さんは、タレントのベッキーさんをご存知でしょうか。

テレビで見ない日はないというほど、幅広いジャンルの番組に出演されていました。

若手好感度NO1といっても過言ではないほど、お茶の間を楽しませていたベッキーさんが、今年1月にゲスの極みの川谷さんと不倫会見をしたことは大事件で、人気が急降格されました。

そんなベッキーさんが、とうとう復帰会見を開きました。

そのときの衣装がまたまた、意味深だったようです。

まだ、川谷さんとは続いているのでしょうか。考察してみました。

sponsored link

やっぱりベッキーは賢く、そつがない!

 

20130521091938ベッキーさんといえば、賢くてそつなく何でもこなすイメージですよね。

また、好感度をとても気にするイメージもあります。

私は、はじめてベッキーさんが不倫騒動をスキャンダルされたことを聞いたとき、嘘だろうと思っていました。

だって、あんなに好感度を気にするベッキーさんが、不倫なんてするわけないと思うじゃないですか。

 

o0313044211239385435チャン・グンソクさんに好意を持たれてもなびかなかったベッキーさんが、ゲスの極み乙女とですよ。

 

 

 

 

27214935_42320むしろ、わたしはこの騒動が起こるまで、ゲスの極み乙女を知らなかったくらいです。

 

 

 

70bf0e50そんな不倫騒動が1月に起き、活動自粛を5ヶ月間して6月に復帰会見をされました。

わたしが思っていたより、ずっとはやく復帰されたので驚いたのですが、この時期に復帰は実に賢いです。

なぜなら、ベッキーさん以降、不倫が流行っているかのように芸能人がどんどんスキャンダルされたからです。

ベッキーさんにはじまり、宮崎議員、乙武洋匡さん、石井竜也さん、三遊亭円楽さん、元ファンキーモンキーベイビーズの加藤さんと人気有名人がどんどん不倫しているのですから、視聴者も報道も全然追いつかない。

 

admin-ajaxそこに、舛添都知事の政治資金問題ですから、ベッキーさんの不倫なんかに視聴者も報道もかまっていられません。

 

 

 

 

 

beki6ほんとうに淡々と、簡単に復帰会見を終えてしまいました。

YouTube : ベッキー復帰会見1

YouTube : ベッキー復帰会見2

内容は、

川谷とは1月中旬以降連絡を取っていないといい、内容は明かさず。一連の騒動について、川谷が会見など公の場で語らないことに関しては、「それぞれの考えや立ち位置があると思うので、私からは特に(ない)」。川谷への気持ちは「徐々に吹っ切れていった」そうで、現在は「申し訳ないという気持ちです」と語った。

だそうです。

 

news_header_FULLCHORUS_2898そのあとは、その番組 (BSスカパー!「FULLCHORUS~音楽は、フルコーラス~」)で司会をレギュラーでされるそうですよ。

ほんとうに、この時期に会見とは賢くそつがないですね。

それにしても、ベッキーさんは活動自粛なのに対して、ゲスの極み乙女は知名度を上げてウハウハとは天と地の差ですよね。

 

まだ川谷を好きで、ベッキーの心境はゲスい!?

 

beki5ベッキーさんの謝罪会見での衣装がネット上で批判を集めているそうです。

その騒動となっているのが、なんと靴と服装なんです。

 

YouTube : ベッキー謝罪会見

 

 

6sRb17UTnzQUmsS_eYOg1_25261靴??なんだそりゃ?と思っていたら 「ピッピシック」というブランドとウエディングサロンのクリオマリアージュがコラボした靴と同型と指摘されてるんだとか・・・。

 

 

c0016111_2113075そして、服装が『ゴーン・ガール』という映画に登場する愛人女性と酷似なんだそうです。

それも、主人公の既婚男性に離婚をせがんでいた愛人女性が清楚さを装って会見に臨むシーンで着ていたものということ。

 

ネット上では「わざとか、偶然の一致か」「いろいろな意味ですごい」「宣戦布告?」といった声すら上がっていたみたいですね。

いやー。 たまたまなのか、わざとなのか分かりませんが、偶然でしたらすごいですよね。

 

becky-line-forgery01好感度NO1のベッキーさんの心境って、実はゲスいのでしょうか

それにしても、服装までチェックする視聴者たちってすごいですよね。

そんな、謝罪会見も「実はうそ!」ただ単に、謝っておきましたというオチが、SNSで大人気のラインで発覚した時には、やはり宣戦布告だったとしか思えませんでした。

謝罪会見直前に交わされた、ふたりのLINE

becky-kawatani-0131

sponsored link

意味深な藍色スカート!?

 

20160610-00000537-san-entそして、最近行った復帰会見で、またまた意味深な衣装をまとっていたようです。

BSスカパー!の音楽番組の収録前に復帰会見を行い、不倫騒動を改めて謝罪したベッキー。この日のベッキーの服装が原因で、またも批判の的になっているといいます。

なんと「ゲスの極み乙女。」の川谷絵音がボーカルを務めるバンド・indigo la Endの新曲「藍色好きさ」はベッキーさんのことを歌っているという噂があったそうなのですが、会見でベッキーさんが”藍色”のスカートを履いていたのです。

 

beki5YouTube : indigo la End – 藍色好きさ

 

 

 

ベッキーさんとの関係を連想させる歌詞

  • 背中合わせで愛を育む時が あってもいいしさ
  • 君の影から 気持ちを受け取った
  • ここで言っても 報われないんだろうからさ
  • 迎えに行くまでは とっとかせてよ

 

歌詞全体からは、『人目をはばかる関係』 『会いたくても、今は会えない人への思い』 を感じとれますね。

 

清楚だけど明るめの服装で「これから、気持ちを入れ替えてがんばるぞ!」という、

就活の受け答えのような会見だったので、いろいろ吹っ切れたのかと思っていたのですが、

becky-line-forgery01その話を聞いてしまうとベッキーさんがゲスくしか見えなくなってしまいました。

ネット上でも「藍色のスカートをはいてるってことは、川谷へのアピールか」「これは別れてないな」「まだ未練ありそう」「あざとい」「スカートも靴も藍色。これは確信犯」「歌詞を意識してるに違いない」などの声があがっているそうです。

なんだか、ベッキーさんのことが信じられなくなってきてしまいますね。

 

E38399E38383E382ADE383BCE383BBE98791E382B9E3839E5月13日放送の金スマではかなり深く反省しているように見えたのですが・・・。

YouTube : 金スマ ベッキーと中井君の対談 ノーカット

 

 

身体は健康そうで一安心!

 

580fb_929_spnldpc-20160705-0144-0それにしても、ベッキーさんって意外とバッシングにもめげない強い心をもっているんですね。

わたしは、バラエティ番組の『世界の果てに行ってQ』が好きで、そこでは好感度をすごく気にするベッキーさんを見ていたので、勝手にナイーブな性格なのかと思っていたのですが、とても強いんだなと思いました。

そりゃそうですよね。芸能界で何年もやっていくには並大抵の精神力ではやっていけませんよね。

ニュースなどでは喉も通らないくらいで痩せていっていると書かれていたのですが、復帰会見ではとても元気そうでその点ではよかったです。

むしろ、前よりふくよかになって健康そうにもみえました。

逆に、今まで忙しかった分長いお休みが取れて満喫できたのかもしれませんよ。

こういった、バッシングひとつで思いつめて自殺してしまう方もいらっしゃるので、そういったことがなさそうで安心しました。

社交的で、顔も可愛く、歌も上手、英語に日本語も堪能ですので芸能界でなくてもやっていけると思いますので、一回の過ちで気を落とされずに自分に自信をもって頑張ってほしいです。

 

resize_imageベッキーさんほどの容姿でしたら、

あんなバツイチでふしだらな男でなくても芸能界にはたくさんの素敵な殿方がいらっしゃるのに・・・。

恋は盲目とはよく言ったものです。

 

 

 

まとめ

 

ベッキーさんの復帰会見は、明らかに事務所の陰謀です。

ベッキーさんが一番の稼ぎ頭だったようですから、問題なく早く復帰させたいんだと思います。

いろいろな不祥事が続いている中で、一番良い時を選出したのではないでしょうか。

あざといとは思いますが、視聴者は快く復帰会見を飲み込めたと思います。

また、川谷さんの歌の歌詞に「藍色が好き」とでてきての、藍色のスカートですので、もしかしたら二人の中は続いていて、愛のメッセージだったのかもしれません。

どうか、ベッキーさんの目がクリアになって他の男性へ心が動きますように。
a228fc9e絶対、チャン・グンソクさんのがよかったー!!(彼も遊んでいそうですが…顔はイケメンですし可愛いですよ。)

sponsored link

down

コメントする