Re:LIFEな日々 チョコミント味

いろんな人が気になったことをつづっていきます。

尾崎豊の忘れ形見 裕哉、息子が歌うI LOVE YOU♬CMや動画では亡き父の面影が・・・

time 2016/09/17

尾崎豊の忘れ形見  裕哉、息子が歌うI LOVE YOU♬CMや動画では亡き父の面影が・・・

尾崎  豊・・・

歌が好きでなくても、普通に音楽を聴いていた30歳代半ばから50歳代の男女に知らない人はいないだろう。

そう彼の忘れ形見が、尾崎  裕哉(ひろや)

彼が今、父親と同じミュージシャンとして現れた。

sponsored link

若者の代弁者

 

15135_original彼を語る前に、父親の存在を無視はできない。

裕哉の父親 尾崎  豊

1965年東京で、公務員の父親と保険外交員の母の間に長男として生まれた。

父親の仕事の都合で転校。そこで苛めを受け学校から足が遠のくが、ギターに出会いそれがきっかけで、苛めを受けなくなった。

これが大きな影響を与えることとなる。

学校の成績は決して悪いものではなかった。

中学校には生徒会の要職を務め、高校も高倍率の学校に合格している。

だが、素行については良いとは言い難かった。

喫煙、オートバイ事故での停学、アルコール、大学生との騒ぎを起こすなど、昔の言い方をするなら、「不良」であった。
そういった事があり高校を中退、これが音楽の世界に踏み込むきっかけとなる。

yjimageそして、1983年12月に、「十七歳の地図」でデビューする。

YouTube : 十七歳の地図 尾崎 豊

YouTube :十七歳の地図 尾崎豊(ライブ映像バージョン)

最初、伸び悩んだが、プロの間では高い評価があったと言われ、彼の内から出るエネルギーを、歌に変換させることに成功した。

「社会への反抗」「大人への疑問」「反支配」などのテーマが多く、時の学生の風潮とも合致し若者の強い支持を受け、「10代の教祖」「若者のカリスマ」と呼ばれるようになった。

 

才能あるが故の苦悩?愛深き故の苦しみ?

 

img_42しかし、20歳代になると方向性に悩み音楽活動を停止、渡米する。

帰国するが、曲が書けないことからか覚せい剤で逮捕され、当時活動していたグループとの折り合いも悪くなる。

その後、紆余曲折がありながらも、アルバムを出し続け、個人事務所を設立し復活を果たす。

楽曲のテーマも徐々に、「愛」「罪」などに変わっていく。

1991年に母親が急死、この頃から再び不安定な状態になり、人間関係も狭まっていった。

admin-ajaxそして翌年、路上で倒れているのを発見され、26歳で帰らぬ人となってしまう。

 

 

 

 

忘れ形見

 

ws0000121988年に尾崎豊は、一般人の女性と結婚、その翌年に長男・裕哉が産声を上げる。

しかし、共に過ごしたのは僅か二年であった。

幼少期は母親と共にアメリカで過ごしている。

 

 

hqdefault2004年と2005年に「HIRO」という名義で、父親のデビューシングル「15の夜」を歌っている。

 

 

 

hiroya1アメリカンスクール・イン・ジャパンを卒業後は帰国、慶應義塾大学、大学院に進学する。

FMラジオやライブ活動を行い、ミュージシャンとして活動している。


sponsored link

父親譲りの歌声 

 

thumb-12184-31304-entame2016年7月にはTBS「音楽の日」に生出演した。

自身のオリジナル曲「始まりの街」、

YouTube : 「始まりの街」

そして父親・豊の名曲「I LOVE YOU」を披露。

YouTube : 「I LOVE YOU」

これを聴かれて、ん?と思う人もいるのではないだろうか。

父親のイメージで、「I LOVE YOU」を聴くと、やはり別人だと思ってしまう。

しかし、オリジナル曲「始まりの街」を聴くと、それが吹き飛んでしまう。

まさに、そこには「尾崎 豊」が存在している。

 

ozaki_w660そして、話題となったのが、淡路島で開催された「FREEDOM AOZORA 2016 淡路島」で、ギター一本で歌い上げた「シェリー」だった。

YouTube : 尾崎裕哉 シェリー freedom淡路島2016

 

 

メディアへの露出

 

父である尾崎豊は、ライブが活動主体でメディアへの露出は少なく、ドラッグ関連の報道を除けば皆無に等しい。

だが、1988年に最初で最後となるテレビ出演をしている。

裕哉についても、活動はライブが中心に見えるが、FMラジオのCMに出演、父親の楽曲をカバーするなど、メディアへの露出は父親と比べれば、前向きに感じられる。

maxresdefaultYouTube : interFM 尾崎裕哉「I LOVE YOU」

 

 

 

尾崎の魂

 

066bb32d彼は父親の愛情を実体験としては、ほとんど記憶にないという。

仕方のないこと、二歳で二度と会えない別れをしているのだから。

母親も父親のことを語ることはなかったらしい。

 

YouTube : 音楽の原点は父“尾崎 豊” 父が亡くなった26歳を迎えた息子がソロライブを行った!

26歳で亡くなった尾崎豊と同じ年齢になった裕哉、自分にとって尾崎豊とは父親でありミュージシャンでありリスペクトする存在とインタビューで答えている。

 

とあるラジオ番組で、裕哉は自分の音楽のテーマをこう語っている。

「社会に溢れる人種問題、貧困問題、環境問題などの様々な問題を“音楽”という手段で解決して行きたい」

先に書いたように、父親・豊氏は、「社会への反抗」「大人への疑問」「反支配」がテーマで始まり「愛」「罪」といったテーマに移っていっている。

父親とは相容れないようなテーマである。

だが、どちらにもあるのは、社会に対しての疑問や不安、見えない力からの物理的・身体的・精神的な拘束への反発。

それが、「尾崎」の魂の根源ではないだろうか。

その魂は受け継がれ、平成の世に再び現れた。

今、彼は父親と同じ歳になり、時を同じにするように、表舞台に現れてきた。

そこには彼の意志だけではないものを感じてしまう。news_header_file_000dn4

sponsored link

関連記事はこちら

down

コメントする